• 五十肩

    五十肩とは、中年以降(とくに50代に多い)に発生する、肩関節の痛みと動きの制限を伴う病気の総称です。
    関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲組織に炎症が起きることが、主な原因と考えられています。
    日常生活で衣服の着脱、帯を結ぶ動作、入浴時(体や髪を洗う動作)、トイレや、腕を上に挙げようとする動きによって痛みが出たり、強くなったりします。そのため、肩関節の動きはかなり制限されます。
    東洋医学では痛む場所が、どの気の流れに当るかを判断し、「風」・「寒」・「湿」と言った外邪の影響も考慮し治療します。