• 眼精疲労

    眼精疲労とは、物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、肩こりなどが起きる状態を言います。
    眼精疲労を訴える方は、毎日のパソコンによる作業が一番の原因だと思われます。
    また、肩こりや偏頭痛を合わせて訴える方が多いですが、偏頭痛や肩甲骨の内側が凝る方は“肝”の気の流れ悪くなっている事が多く見られます。
    東洋医学では、「肝気は目に通ず」と言い“肝の気”と“目”は密接な関係に有るので、治療もその辺りを考慮して行います。
    症状の改善は、治療直後からみられ“目がスッキリした”とか“明るくなった”と言う方が多いです。